KOSEN発“イノベーティブ・ジャパン”                  シンポジウム「高専教育の地平」

文部科学省大学間連携共同教育推進事業

KOSEN “イノベーティブ・ジャパン

シンポジウム「高専教育の地平」を開催します。

 

 KOSEN発“イノベーティブ・ジャパン”プロジェクト(一関、小山、長野、沼津、和歌山、沖縄、東京(代表校)の7高専参加)では、社会改革としてのイノベーションの実現と新たな基盤産業の創出に人材育成面から貢献することを目的に、イノベーションを実現し得るエンジニアとして学生を育成する教育体系の構築に平成24年度から取り組んでいます。

 事業継続4年目として、26日(土)開催のシンポジウム「高専教育の地平」(於:一橋講堂(学術総合センター2階)) では、本プロジェクトで展開中の「社会実装教育の提案と実践」及び「高専研究の実施と展開」について紹介することにより、新しい高専教育のあり方について理解促進を図ります。

 独立行政法人国立高等専門学校機構

 

 ●リーフレット/参加申し込み先

HP http://www.innovative-kosen.jp/  MAIL innovative_kosen@tokyo-ct.ac.jp

 

ダウンロード
シンポジウム「高専教育の地平」
シンポジウム「高専教育の地平」チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.8 MB

KOSEN発“イノベーティブ・ジャパン”プロジェクト

文部科学省大学間連携共同教育推進事業

KOSEN  “イノベーティブ・ジャパン”

プロジェクト「高専卒業生キャリア調査中間報告会

                    ―高専におけるエンジニア教育とキャリア形成―」を開催します。

 KOSEN発“イノベーティブ・ジャパン”プロジェクト(一関、小山、長野、沼津、和歌山、沖縄、東京(代表校)の7高専参加)の事業として、13高専(14キャンパス)が参加して実施し、卒業生3,408名から回答を得た「高専卒業生キャリア調査」の中間報告会を10月19日(月)に一橋講堂(学術総合センター2階)において開催します。

 

 今回は調査で得られた基礎データ(第一次報告)を基に、中学時代と高専時代の学び、卒業後の進路(就職及び進学)、職業キャリア、高専教育に対する評価等について学術的に分析評価することにより、高専における学習経験と卒業後のキャリアとの関係を把握し、高専教育が果たしてきた役割と課題等について考察します。

 独立行政法人国立高等専門学校機構

 

 ●リーフレット/参加申し込み先

HP http://www.innovative-kosen.jp/  MAIL innovative_kosen@tokyo-ct.ac.jp

 

ダウンロード
高専研究中間報告会
4.高専研究中間報告会.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.1 MB